パンダからの脱却

赴くままに

swift基本文法 part2

Optional

  • nilになりうる値を管理するための型
  • swiftではoptionalではない変数はnilになりえない
  • あるデータがnilかどうか曖昧なままだとエラーになるため、なりうる変数はオプショナルする。このとき「?」をつける

var s: String?

s = nil

  •  アンラップする(=オプショナルの値を取り出すときは「!」をつける)

let name: String? = "yamada"

let msg = "hello" + name

  • あんラップするときの注意事項。必ず値がnilでないことを確認しなくてはいけない。if分などでチェックする。

if name != nil{

    let msg = "hello" + name!

}

  •  一時的にsname の値を入れ、もし値が入ったら条件が真になるため、if分が実行されるやり方

if let s = name{

    let msg = "hello" + s

  • 暗黙的にアンラップされるOptional型もある。はじめからアンラップするやり方。

var label: String!

label = "score"

println(label)